見あきることのない 色 いろ









 

 

  アシスタントが綴る 12月  

 

那須岳が 雪をかぶりました。紅葉も麓までおりてきて、街道沿いの木々は燃えるような色。青空とのコントラストも 見とれてしまうくらい美しい。
朝 あうりんこ星に到着すると、冷えた空気の中で、落ち葉を掃く箒の音が聞こえてきます。落ち葉が舞い散る様子を ただ見ているだけならきれいですが、盆栽の間に入り込み 乾きが見づらくなったり、棚に汚れをよぶので、毎日まず棚上から 掃除を始めます。
そうして 庭の動線を中心に、週末は ギャラリーまでの歩道も なるべくきれいにして
おきたいので、掃き掃除は 結構時間が かかります。
最近は、早朝から小沼さんが頑張ってくれているので、私が合流するころには もう
集めるだけ。大変助かっています。

棚上の植物が少なくなった庭のあちこちで、発光するような青紫色で リンドウが咲いています。花の色と周りの景色の彩度がちがうのか、ピカピカ光っているよう。
鉢の中に種が飛び込んで 咲いているものもあります。
我が家にも 飛び込みのリンドウの入った鉢がいくつかありますが、なかなか咲いてくれ
ません。咲く直前の大きくふくらんだ蕾までは 毎年順調なのですが、どういった具合
なのか、蕾の先が茶色に変色して 咲かずに終わっていくのです。
那須と黒磯は近いとはいえ、だいぶ気温にちがいもありますが、そのせいだけとは
思えない・・・。リンドウにとっては、山田家の鉢の中で咲くということは、とても大変なことなのかもしれません。
何気なく見ているあうりんこ星の光景は、奇跡に近いことなのかも・・・。
私が見ているものの中には、そんなことがたぶん沢山 気づかずにあって、その上に
日々は成り立っているんだろうな と、思ったりしました。

今年も あうりんこnoこ をご覧いただき、ありがとうございました。
どうか 良いお年をお迎えください。
新しい年も どうぞよろしくお願い致します。


2020年11月21 日  記す  山田 ナオコ

 

 

あうりんこスケッチ アーカイヴ

2020 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11  
2019 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2012

01

02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009               08 09 10 11 12

あうりんこスケッチ2011にもどる