2020年3月         


人を迎える


黒ネコヤナギの花穂



冬咲きエリカ



手しごと Ⅱ



 

夕方5時になっても くっきりあたりを見渡せる。
日はのびて 一日が明るくなって・・・ 景色をみているとハルを
想いたくなるのだが 寒さはいっそう厳しい。
朝の庭は 霜が降りて 一面粉砂糖をまぶされたように白い。
寒さがゆるむまでのあいだ いただいたCDをかけて 昼食の準備。
今日は ハクサイのみそしるにしよう。
新聞紙にくるんで 軒下に立てかけておいた Tさんのハクサイを
開けてみたら 外側の葉は 凍って透き通っている。
外はマイナス8℃。野菜も凍るわけだ。
まな板で野菜を刻む音と ショパンの調べと 私の呼吸が聞こえる。
ピアノを弾く Nさんは 苦悩はあるのだろうか 怒りはないのだろうか
鍵盤に指をはしらせるNさんを思い浮かべながら 平和に満ちた
キラキラした音色を聞きながら  そんなことを思ったりして・・・。

思いがけず音楽が届けられて 暖かな部屋でショパンを聞けること。
調理をしていても いいということ も・・  みんな幸せに思える。
いろいろが響いてきて 日常にいる この なんでもない今が すばらしい
と 思うのだった。

極寒のなか マツバタイゲキや朝霧草は 新芽のきざしが・・・
黒ネコヤナギは クリムゾンレイキの光沢のある殻の中から
同色の花穂をのぞかせている。
冬咲きエリカも まばらにピンクの花が咲き出した。
レイアウトも決まり 試し刷りも済んで 2021年度の
あうりんこカレンダーの制作作業もはじまった。

2020年 2月7日 記す   加藤 文子

   




手しごと Ⅰ


 


あうりんこスケッチ2011にもどる