2020年1月         


ユウゲショウのなごりの葉


冬色の野草



岩瀬氏が撮る



クチナシ


忙しくても 忙しくしてはいけない と 思いながらもせわしない。
年内に これと あれと・・・ 終わらせたい事柄がいろいろある。
さりとて 体も 頭も はやく動かせなくなってきた。
頭に浮かんだことが 体に伝わって動作になるのだが 連動 連結があやしい。
あきらめも肝心と思うこのごろ 2019年最後の小沼の展覧会を 国分寺
サブリエでさせて頂いた。
今年も 同行することになった。
会期のあいだ 友人宅に寄宿。
たよりない2人が 家の中をウロウロする数日間は 迷惑も多かったと思う。
友人夫妻も 同年代。
10代からのつき合いだから 大変長い。
互いに ちゃん付けで呼び合える仲。
好きなものや 事が似ているから 今日も友達でいてくれるのだろう。
縁が続くように ひとりがんばっても そうはいかない。
縁というのも いつの間にか 後からついてくるものだと 思う。
自分らしく過ごしているのが まじり気のない縁が自然に残ってくれて
良いのかも知れない。

会場を訪れてくれる 古くからの知り合いも 相応に年をとっている。 
ギャラリーに入ってくる瞬間 自分のことはさておき ◯◯さんも
年とったなァ と思う。
けれど 表の顔の ずっと奥に 出合った頃の顔が 隠れている。
はなしをするうちに あの頃の顔が 表にあらわれてくる。
声の奥にも 青春がみえる。
しだいに 裏表が入れかわる。
体のガタピシも忘れて ゴキゲンになる。
一緒にゴキゲンになれる相手がいることも 幸せだ。
昔を懐しむわけでもなく 今を共感しあえるのは うれしい。

通りすがり 近くに住む人が入れ変わり顔を出してくれる所。
外国風で かつていたような 不思議な空間。
よろこびの泉のような サブリエでのひと時も 楽しかった。

もうひとつ・・・
サブリエのある アンティーク アベニューには 古本屋まどそら堂がある。
昨年は レイブラッドベリ 
今年は セルジオメンデス ベストオブ のCD を入手。
この夏は 久々 ブラジル66 を CDでよく聞いた。
昔買ったレコードに入っている イエメレや ノルウェーの森も 聞きたいと
思っていた。
プレーヤーがないので 残念に思っていたところ ベストオブ を見かけた。
先の2曲の他にも 聞きたい曲が 沢山入っている。
ラニーホールの声がなんとも・・・
よいことたくさんある堂です。

2019年 12月 12日 記す 

今年も精いっぱいまいります。
よろしくおねがい致します。 
 加藤 文子  




クチナシのシルエット

 

ひとコマ ひとコト  アーカイヴ

2019 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2012

01

02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009               08 09 10 11 12


あうりんこスケッチ2011にもどる