2020年10月         

風を呼ぶ


サブリエ Ⅰ



サブリエ Ⅱ



サブリエ Ⅲ




国分寺 サブリエの展覧会期中も 暑さが厳しく 「暑ーいですネ」と
交わすことばが 挨拶のようになっていた。
コロナや酷暑にもかかわらず 多くのご来場を頂いた。
偶然ホームページで情報を知って・・・と めったにあうことのできない知り合いが 駆けつけて下さったり 間もなくclose するサブリエを惜しんで 何かを確認するかのように おとずれる方々もいらしたり・・・
特別の内容を含んだ数日になった。

白いペンキが塗られた 亀甲に縁どられた壁面。長方の板を無造作に打ちつけて敷かれた床と軋む音。ガレや ドームを想起させるランプシェードが
あちらこちらに下げられた灯。配管がむき出しになった天上。
ヨーロッパの古い街角に紛れ込んでしまったような感覚を覚える。
そんなサブリエで過ごした貴重な最後の4日間 短くも密度の濃い時間であった。
最終の日 都内をあとにした夜は 36℃・・・那須に近づくにつれ3℃
 5℃・・・と 少しずつ 涼しさを増した。
自宅に到着した時には 23℃をさしていた。
走行と共に 季節が一気に進んでしまったかのように思われるのだった。

昨日までの暑さとはうらはらに 肌寒さを覚えながら朝を迎える。
庭では ミズヒキが 紅白の粒を揺らして 笹の叢から姿を現す。
休眠していたイヌビワが 再び沢山 実をつけはじめている。
ウメモドキもここにいるヨと言わんばかりに 実を赤く染めて所在を
教えてくれる。
小さくても 切り込みの深い花びらをななめに開いて 冴えた深紅が
際立つのは 赤花沢ギキョウ。
秋の景色も見逃せない。
  ぬれそぼつ雨の中で 秋の虫の声を聴いている。

2020年 9月12日 記す   加藤 文子

   



サブリエ Ⅳ


ひとコマ ひとコト  アーカイヴ

2020 01 02 03 04 05 06 07 08 09      
2019 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2012

01

02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009               08 09 10 11 12


あうりんこスケッチ2011にもどる