2020年7月         



入口の所で・・・ 小葉性ツタ


撮影中



今日のコーナーの展示は コレッ。



不思議発見




 

金・土・日 に open しているWeekend gallery
最終の日を終えた 日曜の夜は ホッとして気持ちがゆるむ。
翌月曜日は なるべく予定を入れず 一週間がうまく流れるように
白紙にして 頭や体の空気の入れ換えをはかる。
白紙といっても 仕事を休むわけではない。
植物との交流を深めることを第一義として 日常を俯瞰でながめられる
ような一日にしたいと思って過ごす。
月曜日の過ごし方が一週間の骨組みをつくる そんな気がしている。

つづく 火・水・木 は ギャラリーの清掃 展示替え 展示する植物の
候補も絞り込む。
週末が近づくにつれ 自然に心もひきしまり 進行に 拍車もかかる。
昨年のギャラリー開設から 一週間のテンポが 少しずつ整ってきた。
上手に力をぬきながら つづけていたい。

写真家 岩瀬陽一さんが 奏デル盆栽を撮りはじめたのは 1980年頃。
途切れた時期もあるが 40年のあいだに 沢山の盆栽に
シャッターが切られた 。
撮りためた写真を厳選して 作品集を制作中。
独特のモノクロームの世界が 間もなく一冊になる。
今年7月と9月に予定する展覧会のDMも 岩瀬さんのモノクローム作品をお借りして 制作させて頂いた。
乞うご期待。



2020年 6月14日 記す   加藤 文子

   




イスにかけた ラリーキルト


 


あうりんこスケッチ2011にもどる