スタンドの上で風になびく









 

 

  アシスタントが綴る 12月  

 

午後4時を過ぎると すとんと日が落ちるようになりました。
夕方いらっしゃるお客様をお見送りするころには、ほのかなライトに照らされた庭や
温室を眺めるかんじになっています。冷えた空気の中で いつもと違う景色をみることができるのは、ギャラリーをはじめたおかげ。なんだか新鮮です。

植物の取り込みもだいぶ進んだ先日のこと。
その日は朝から大風が吹き、小沼さんは外出中。私はギャラリーの掃除をしていました。「きゃー」という加藤さんの叫び声が聞こえ、珍しく大きな声で呼ばれました。温室に
行ってみると、温室の天井を被う不織布が びりびりに裂け、植物に引っかかってしまっています。
夏に 2つ程の裂け目をみつけてはいましたが、今期のギャラリーを閉めてから張り直そうと話していたところだったので、突然の惨状に2人であぜんとしてしまいました。
もう笑ってしまうくらい どうしようもないので、すべて撤去することに。
驚いたのは、ふれるだけで裂けてしまうほど傷んでいたこと。よくこれで、いままで
落ちないでいてくれたなあと感心しました。10年近くがんばった布の上には、細かい
落ち葉や虫の亡が大量にあり、温室の植物はそれをかぶってほこりまみれです。
ギャラリーの日だったら と考えると ぞっとします。
撤去と掃除で一日があっという間にくれていきました。

不織布は、植物を直射日光や急激な温度変化から守る 大切なものです。
すぐに新しいものを手配して、小沼さんと張り直しました。
10年くらい前の仕事なので、2人とも手順の記憶がなく まごまごしましたが、 午前中に終了。あと10年後、ちゃんと張れるんだろうか・・?と 笑う余裕のある3日間のうちに修復することができて、本当によかったです。

今年も「あうりんこno こ」をごらん頂き、ありがとうございました。
Weekend Gallery は 冬期のお休みになり、再開は4月となります。
2020年が よい年となりますように。


 2019年11月24日  記す  山田 ナオコ

 

あうりんこスケッチ アーカイヴ

2019 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11  
2018 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2012

01

02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009               08 09 10 11 12

あうりんこスケッチ2011にもどる