ギャラリーに 飾ってみる









 

 

  アシスタントが綴る 5月  

 


4月に入って、いきなり強い寒の戻りです。
休日に 自宅の室出しを予定していましたが、断念。そこで、久々に いわきにある 両親のお墓参りに行くことにしました。白河までは 灰色の重たい空から、雪まじりの強い風。峠を越えるため 不安になりましたが、高原道路の半ばからは晴天になりました。
そう、いつもこんな感じです。
山を切り開いて作られた 浜通りへと伸びるあぶくま高原道路を、いわきへ向けて走る
ときは、決まって「おかえり-」と 言っているような、大きく穏やかな青空が 出迎えてくれるのです。
冬はあまり雪が降らず、夏は海からの風が 暑さを和らげている浜通りは、とても暮らしやすい所だということを、那須の酷暑と雪の恐怖を体感して、はじめてわかりました。

両親のお墓は、旧いわき平城下の 寺町の中にあります。山肌に張り付くような勾配の
墓地は、眺めがとても良く、絶えず風が吹いています。妹がお彼岸に供えたらしき花が、ドライフラワーになっていて ちょっときれいでしたが、持ってきたものと 変えました。昨年来られなかったことを詫びながら、念入りに石を洗っていると、ウグイスが上手に鳴いています。こちらでは桜がもうすぐ満開でした。掃除を済ませ、お線香を焚き、ギャラリー開設の報告をして 拝んできました。

近年大病をした 幼なじみのくーちゃん宅に 12年ぶりにお邪魔しました。
なんでもない話で大笑いして、「くーちゃん」「なおちゃん」と呼び合う私たちの横で、今年中学3年生になったお嬢さんの のんちゃんも、ニコニコしています。
私の幼なじみは、のんちゃんの 大切なお母さんになったのだなぁと、帰りの車の中で なぜかうるっときてしまいました。

矢吹から白河へと戻ってくると、 今年最後( であってほしい )の吹雪にあいました。早々にノーマルタイヤに交換してしまったことを、後悔しながら 帰ってきました。


 2019年 4月19日  記す  山田 ナオコ

 

 

あうりんこスケッチ アーカイヴ

2019 01 02 03 04                
2018 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2012

01

02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009               08 09 10 11 12

あうりんこスケッチ2011にもどる