コンニチハ









 

 

  アシスタントが綴る 8月  

 

しとしとと降る雨のなか、鳥の力強いさえずり。コナラの高いところで、仲間としきりに鳴き合っています。「長引く梅雨だね」 「もうすぐ 明けるよ」そんなことを はなして
いるのでしょうか。

蒸し暑いような でも 半そででは心もとない 冷え性の盆栽組は、えりまきや上着を
着たり脱いだり。雨の合間をぬって、植物や庭を整える毎日です。
うっかりすると、パソコン仕事などにのめり込んでしまいそうですが、ここでまめに
外仕事をしておかないと、どっとやることが膨らんでしまいます。夏の盛りに 体も
ついていかなくなります。

もうすぐ さいたま市「温々」での、加藤さんの個展を迎えます。
春の二人展が 取りやめになり、今回の展覧会準備は だいぶ前から始めていました。
プライスカード、展示用具なども揃えて、これでOK! と したのが 4月初め。
今、最終確認をしていますが、すでにだいぶ記憶がなくなり、もう一度全部を取り出して見直しているところです。
「これは なんのためのスタンド?」 「BOX 展示は、どう 見せるのだっけ・・?」
くり返し確かめて、メモをはさみます。
抜けているものを発見し 余計なものを省き、展示の新しいアイデアが浮かんだり・・。
なんだか 新鮮な気持ちで 作品を眺めたりしています。

どうか 前々回のような 忘れ物がありませんように。
無事に 会期を迎えられますように。
いろんな方々に ご覧いただき 楽しんで頂けますように。


2020年7月15 日  記す  山田 ナオコ

あうりんこスケッチ2011にもどる