おそうじ おそうじ


 

 

  アシスタントが綴る 6月  

 


上手になったウグイスの鳴き声が響く、あうりんこ星。
新緑の勢いが 止まりません。
年々大きくなる 周りのコナラの若葉が 青空を覆うように広がり、ミドリに埋め尽くされそうです。隣の竹林からは、タケノコが続々と生えて庭に侵入して来ています。外小屋の床板を持ち上げてしまうパワー。ちょっと怖いような 圧倒される生命力。
植物の美しさに見とれてばかりはいられません。
競うように枝葉を伸ばし始めた庭木の手入れも、本格始動です。

こうなってくると、やっかいなのがコナラの花柄のシャワー。
少しの風でも、新芽や花柄がとめどもなく 盆栽や庭に降ってきます。空中でふわふわと絡まりあい まりものようになって、大量に落ちてきます。
しかも小さな毛虫も乗せて ・・・。
早めに、柔らかい新芽を傷つけないよう 慌てず、絡まる花柄をそっと落としながら、植物の状態をチェック。若葉の後ろに、花の中に、幹になりすましながらひっついている毛虫を、今年はもう素手で捉えるようになりました。
そうしないと もう間に合わないくらい、この春は 悲しいほど毛虫が多い。
もう 西洋カマツカは 食べられていない葉の方が、少ないのではないでしょうか。

観察に慣れてくると、目の焦点が毛虫の毛をとらえて 自動的にクローズアップしてくれるようになります。意識より先に目の補正がなされている感覚に、人の持っている能力ってすごいなぁなどと感じながら、淡々と棚をめぐり、虫とりは続きます。

 

2021年 5月18日 記す  山田ナオコ

 

 

あうりんこスケッチ アーカイヴ

2021 01 02 03 04 05              
2020 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2012

01

02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009               08 09 10 11 12

あうりんこスケッチ2011にもどる