エメラルド界


 

 

  アシスタントが綴る 5月  

 

朝はたいてい、アラームより賑やかな 鳥たちの鳴き声で目が覚めます。
私の住む古い住宅地は、昔ながらの庭のある家が多く、歳月を経た大きな庭木も 珍しくありません。ウグイスやメジロも暮らしやすいのでしょう。早朝からきれいな声で
さえずっています。毎朝 仏様にお供えした小さなご飯を、庭に放っているのですが、
鳥がそれを覚え、数羽が近くの木で待っています。カピカピのわずかなご飯をめぐり、
大騒ぎの争奪戦をしています。ご飯を放るのを忘れ、朝の庭仕事をしようものなら、
ムクドリがすぐそばまでやってきて、叫んで催促してきます。
なんていうことのない、けれど とても楽しい時間です。

ウクライナにも、同じような朝があったはず。
人間よりもはるかに長く生き、多くの生き物が集う木も 各地にあったでしょう。
土の中に、大気の中に生きていた膨大な数の命たちが、紡ぎ続けて生まれた楽園を、
人間が またたくまに破壊してしまいました。
再びよみがえるために、どのくらいの時間がかかるのでしょうか。

あうりんこ星は今、若葉の季節です。
色とりどりのみどりが日を追うごとに庭を彩っていきます。
ヤマコウバシの柔らかな葉は、銀色の産毛にまとわれています。薄みどりの細かな葉を、細い枝から一斉に吹き出しているのは、コフジ。
植物たちの弾むような生命力に背中を押されながら、今日も庭で仕事をしています。

2022年 4月20日 記す  山田ナオコ

 

 

 

あうりんこスケッチ アーカイヴ

 

2022 01 02 03 04                
2021 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2020 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2012

01

02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009               08 09 10 11 12

もどる