ヤシャゼンマイとミシマサイコ


 

 

  アシスタントが綴る 9月  

 

車で約1時間、大田原市の田谷というギャラリーでの二人展は、8月という一番暑い
最中での試みでした。
この時期の植物は、気をつけないとあっという間に乾いてしまうので、水やりチェック
はこまめに行う必要があります。空調も外気との差をあまりつけない方が負担が少ない
ので、それもお願いしなくてはなりません。
週に2回は在廊できますが、時間が限定され、お客様への対応に終始してしまうことも
あります。オーナーのAさんと 奥様、スタッフの方に、植物の命をお預けする二週間と
なりました。

近くということで、久々に搬入・搬出をお手伝いすることになり ついていくと、
気持ちのよい空間が人柄をあらわすように整えられ、ニコニコとAさんが迎えてくれ
ました。
外には 植物を置くしっかりした棚が設置してあり、水やりの仕方を熱心に聞いておられる様子に、加藤さんが二人展を受けた思いに触れた気がしました。
コーヒー焙煎所も営まれているAさん。きっと大忙しの二週間だったと思います。
搬出の時に気づいたのは、植物の展示場所がとても綺麗だったこと。細かい古葉や
水滴後がほとんどなかったこと。よく見てくださっていたのだと思いました。

多くの方にご覧いただき、無事に会期を終えた植物は、元気にあうりんこ星へ
戻ってきました。
Aさんのところには、小葉性のツタがお嫁にいきました。
きっと大切にしてもらえるでしょう。

暑さもピークを超えたようです。
鉢の中の草丈も伸びはじめ、初秋へ向かいだしてします。
今日は久々に weekend gallery を 開く日。
Aさんにならって、そこここをキレイにしたいと思うあうりんこ星人でした。

2021年 8月24日 記す  山田ナオコ

 

 

 

あうりんこスケッチ アーカイヴ

2021 01 02 03 04 05 06 07 08        
2020 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2012

01

02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009               08 09 10 11 12

あうりんこスケッチ2011にもどる